意外にハマった!フェニックス X のAPPLE DROPの遊び方




フェニックス X のAPPLE DROPにハマってしまった!

どうも、Kenです。劇団、初です。

 

先日、フェニックスの最新機種の VSPHOENIXをバグース新宿店でプレイしてきました。

従来のフェニックスから大幅に進化。

ダーツボード背後一面が大きなスクリーンになっていて、ダイナミックにエフェクトを表現してくれます。

ダーツというよりもはや「ゲーム」に近く、これまでにないダーツ体験をさせらもらいました。

 

このフェニックス Xで特にハマったのが

APPLE DROP(アップルドロップ)

というパーティーゲームです。

 

「FUN ZONE」にいくつかパーティーゲームが格納されていますが、その中の1つがアップルドロップというゲーム。

パーティーゲームといえど、一人でもプレイ可能で、しかも店舗ごとにランキングが掲載されていました。

「978点が1位…. よし、いっちょ1位を取ってやるか」

という目論見でチャレンジしまくり、気がついたら10回以上プレイし、おそらく15回目ぐらいリピートしていた気がします。

今日はこのアップルドロップの遊び方、プレイしてみた感想などを書き留めておきます。

 

APPLE DROP(アップルドロップ)のルール

APPLE DROP(アップルドロップ)のルールを紹介していきましょう。

ルールはいたってシンプルで、

いっぱいりんごを落とした人が勝者となります。

りんごを落とせば落とすほど偉いということになります。

そして、「リンゴの個数」は次の計算式で表されます↓

(1投目のスコア+2投目のスコア+3投目のスコア)× (3投目のダーツが刺さるタイミング)

たとえば、

  • 1投目:10
  • 2投目:20
  • 3投目:12
  • 3投目のタイミング掛け率:3倍

だったら、

(1投目のスコア+2投目のスコア+3投目のスコア)× (3投目のダーツが刺さるタイミング)

= (10+20+12) × 3

= 126

になるわけですね。

 

各スコア計算は普通のカウントアップと同じですね。

気になる3投目のタイミングですが、これは3投目のダーツが刺さるタイミングによって異なります。

画面右に「Power」というメーターがあり、3投目でゲージが動き出すので、ゲージ満タンに近いタイミングでダーツが刺さると「掛け率」が上がります。

ちなみに「掛け率」は

  • 5
  • 3
  • 1
  • 0.5
  • 0

の5パターンでしたね。

 

つまりこのゲームでは、

なるべく高得点(例えばブルやトリプルなど)を狙いつつ、3投目はタイミングを見計らって投げる

という感じで進行していきます。

 

全部で6ラウンド18投の勝負。

グラウンドに落ちたリンゴの総数で競いますよ。

 

APPLE DROP(アップルドロップ)を実際にプレイしてみた

実際にプレイしてみるとこんな感じ↓

 

一投目

一投目は16シングルに刺さったので「16ポイント」獲得しました。

そのぶんハンマーが少し大きくなります。

 

二投目

2投目はまた16シングル。

合計32ポイントにハンマーが進化しました。

 

三投目

三投目を投げたのですがまた16に刺さり、ハンマーが48になりました。

ダーツが刺さったタイミングはものすごくベスト。

右のパワーゲージが「5倍」になったタイミングだったので、ハンマーの得点(48ポイント)が5倍されて、合計240のりんごを落とすことに成功しました。

これで1ラウンド終了し、6ラウンド繰り返していきますよ。

 

ラウンドごとにりんごが画面内に溜まっていき、6ラウンドで落としたリンゴの総数で勝負が決まります。

ぼくは最終的に

1,227個のリンゴ

を落とせました(自己ベスト)。

 

 

アップルドロップをプレイしてみた感想

いやあ、これはなかなか面白い。

店内順位1位を取るために始めたゲームでしたが、気づいたらはまってしまい、時間を忘れて楽しんでいました。

まず、りんごがポコポコと落ちる音がいい。

VSPHOENIX Xはサウンドにこだわりを見せてますが、このアップルドロップでも「高音質」のおかげでリンゴ中毒になっていました。

 

また、運要素が絡んでいるのも面白いですね。

ぶっちゃけ、

「3投目のダーツが刺さるタイミングが全て」

といっても過言ではなく、ダーツがどこにささろうが掛け率0ならリンゴが0個になってしまいます。

逆に、5倍の掛け率を出すと5倍のリンゴを落とせますからね。

 

実はこの、ゲームのカギを握る「パワーゲージの動く速さ」はラウンド毎に変化するのです。

序盤はゲージのスピードが遅く、頑張れば意図的に高倍率に調整できます。

がしかし、最終ラウンドが近づくにつれてゲージのスピードがアップ。

肉眼では捉えきれないほどゲージが動くので、最後らへんはぶっちゃけ運です笑

「運が絡んだゲーム」を1人でやると寂しいように思えますが、1人でもなかなか楽しめたのでまたプレイしたいと思います。

 

VSPHOENIX X のAPPLE DROPで一位を獲得

気づいたらハマってしまっていて、10回以上プレイして何とかバグース新宿店の1位を奪取しました。

合計1,242個のアップルを落とし、最高の気分になりました。

おそらく、僕でも1位を取れた要因は、

  • もともと VSPHOENIX X をプレイする人自体が少ない
  • その中のパーティーゲームのAPPLE DROPをプレイする人はもっと少ない

なのかも。

ライバルが少なかったのかなと思っています笑

フェニックス X には他にも視覚、聴覚的に楽しめるゲームがありますのでプレイしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken


ABOUTこの記事をかいた人

Ken

asolabの編集・執筆担当。静かにダーツ・ビリヤードの修行中。 2019年の目標は南極に行くこと。LINEでダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます! Add friend

コメントを残す