プロに教えてもらえる!バグースのビリヤードレッスンを受けてきた体験談




バグースのビリヤードレッスンを受けてみた!

どうも、Kenです。連打、してます。

 

街の遊びの1つに

ビリヤード

がありますよね。

漫画喫茶、プールバー、バグースなどで楽しめるので、普段着のままふらっとプレイできるのが魅力。

身体への負荷も小さいので老若男女でも楽しめるスポーツです。

 

僕自身、大学生の頃からビリヤードが好きで、よく友人たちとプレーしていたのですが、上手な友人に教えてもらっただけで、

ビリヤードを体系的に学んで練習する

ということはなく、なんとなく球をついていたのです。

 

しかし、2019年は心機一転。自分が好きなビリヤードをなんとなくプレイするのではなく、0からちゃんと学んでみようと思い立ちました。

早速、都内でやっているビリヤードレッスンを探してみたところ、バグースのビリヤードレッスンを発見!

ものは試しとさっそく参加してみました。

 

申し込み方法

申し込み方法からですね。

バグースのレッスンは電話予約しなければなりません。

こちらのページからの、ビリヤードレッスンの日程・場所をしらべ、参加できそうな日程を探しましょう。

そしたら、そのレッスンを催しているバグース店舗に電話をかけていみます。

初回のレッスンは1時間ですが、それ以降は30分単位でレッスンを予約できます。

僕はバグース新宿で西尾プロのレッスンを受けてきました。

ビリヤード レッスン バグース

 

レッスン料金

気になるビリヤードのレッスンの料金ですが、ズバリ

30分1,000円(税抜き)

です。

ビリヤード レッスン バグース

 

初回レッスンならば

60分で2,000円(税抜き)

がかかるわけですね。

あとはこれに加えて「場所代」がかかります。

 

場所代はバグースの店舗によりけりなのですが、「バグース新宿店」の場合、月〜木の19時まで

30分280円(税抜き)+ワンドリンク

なので、最安の烏龍茶(税抜き¥410)で切り抜けて、1時間きっかりでレッスンに終了すると、

60分の場所代 + ワンドリンク + 60分のレッスン料

= 280 x 2 + 410 + 2,000

= 2,970円(税抜き)

かかることになりますね。

 

バグースのビリヤードレッスン体験談

レッスンを受けてきたので体験談も書いておきましょう。

初回ということもあり、60分「1:1」でレッスンを受けてきました。

ビリヤード レッスン バグース

 

ヒアリング

初めに、僕のビリヤードレベルについてのヒアリングがあります。

  1. どの程度のレベルなのか
  2. どこまで上手くなりたいのか

を問われることになります。

僕は、「学生の時にはやっていたが今はやっていない」ことと、目標は「何となくではなく、考えながらビリヤードできるようになりたい」と伝えました。

 

資料が渡される

ヒアリングが終了すると、パンフレットとプリントを渡されます。

パンフレットはビリヤードのルールがクソ端的にまとめられているもので、ビリヤード用語やルールがわからないときはこのパンフレットを見るようにします。

ビリヤード レッスン バグース

それと同時に4枚プリントが配られ、

  • フォームについて
  • ブリッジやグリップについて
  • 回転の話
  • 練習メニュー

について書いてありました。

これらのプリントをもとにレッスンをするそうです。

 

ビリヤードのマナー・基礎を教わる

球をつき始める前に、ビリヤードの「細いマナー」と「キューの持ち方」、「各パーツの名称」などを教わりました。

具体的にいうと、

  • キューの置き場所:キューをそこらへんに立てかけない
  • チョークの塗り方
  • ブリッジの作り方と置き方
  • インパクト時の右肘の角度
  • キューの握り方(歯磨きチューブや小鳥を握るようにする)
  • フォロースルーまで忘れずに

などなど。

ビリヤードの基礎をプロに1:1で教えてもらえるなんて贅沢すぎますね。

 

バンキング

教えてもらったことをもとに球をついていきます。

最初にやったのが「バンキング」。

対面のバンクに球をついて往復させる練習で、目標は1.5往復(3クッション)でした。

 

スリークッションさせるためには強くつかなければならず、強くつくと撞点がずれて、横向きの回転がかかり戻ってこなくなります。

バンキングをやっていく中で、フォームの悪い点などを指摘してもらって球を突き続けます。

プロの指導もあってか、なんとかギリギリ1.5往復ぐらいバンキングできるようになり、次のステップに移ることにしました。

 

30°のカット

「的球」と「手球」の角度が30度になる位置で練習しました。

「厚み1/2のカット」と呼ばれるもので、

手球の1/2が的球の1/2に当たるような角度でつく

とポケットに入るポジションでした。

 

ここで教わったのは「イメージボール」という考え方。

的球とポケットの直線上に「イメージボール」という架空の手球を想像して打つようです。

毎回のショットごとにイメージボールを思い浮かべてみました。

イメージボールを考えたのは初めてだったので、なかなかポケットに入らず苦しい思いをしましたね。

 

ストップショット

続いて、ストップショットです。

無回転で的球に当たると手球は止まるのです。

これを「ストップショット」と言って、スクラッチ(手球がポケットに入ってしまう失態)を避けるためによく使われる技。

なかなかぴったり手球を止めるのが難しく、撞点を下にすると、インパクトをすかすこともありましたね。

 

手玉のコントロール

最後に手球のコントロール方法を学びました。

手球が無回転で的球に当たると、

手球と的球は90度に跳ね返る

という法則があるようです。

これを業界では「90度分離の法則」と呼んでいるそうですね。

 

無回転ではなく、前に回転がかかれば90°よりも前に、後ろ回転がかかっていれば90度よりも後ろに軌道が変化しちゃいます。

レッスンでよかったのが、プロが実際に手球のコントロールを見せてくれたということ。

本当に法則の通りに90度に手球が移動する様子をみられ、

「うわっ、90度分離の法則すげええ」

と思わずつぶやいていました。

今まで雰囲気で手球をコントロールしてきたので、この法則を使えば回転次第で手球を操れそうです。

 

1人で30分練習

以上で60分のレッスンは終了。ここでプロは去ります。

とはいえ、レッスンの内容が濃厚すぎて、習ったことが頭から溢れてしまうほど。

そのため、

「習ったことを練習しなければ身につかない」

ということで、その後30分(1人で)練習してみました。

  • バンキング
  • 厚み1/2
  • ストップショット
  • 手球のコントロール

を繰り返してみました。

まだまだ自分のものになった感じはしませんが、理論はわかったので練習を積んでいきたいと思います。

 

 

さあ、バグースのビリヤード レッスンを受けてみよう

レッスン後も30分追加で練習したので、

60分の場所代 + ワンドリンク(烏龍茶) + 60分のレッスン料

= 280 x 3 + 410 + 2,000

= 3,250円(税抜き)

かかりました。

 

1時間半ビリヤードをプレイする料金としては高いですが、これはレッスン込みのお値段。

プロに1:1でフォームを見てもらい、プロの技を間近で見られ、さらに改善点を指摘してもらったと思えば安いもので、むしろ、

「奇跡」としか言いようがないですね。

レッスン内容は受講者のレベルに合わせてくれるので、初心者〜上級者まで対応しています。

よかったら受けてみてくださいね。

 

それでは!

Ken


ABOUTこの記事をかいた人

Ken

asolabの編集・執筆担当。静かにダーツ・ビリヤードの修行中。 2019年の目標は南極に行くこと。LINEでダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます! Add friend

コメントを残す