バグースのビリヤード大会「ビギナー C クラス限定トーナメント」に参加してきた体験談




バグースのビリヤード大会「ビギナー C クラス限定トーナメント」に参加してみた!

どうも、Kenです。サバ、本当にサバきました。

 

2019年はダーツだけでなく、

「ビリヤードも練習して上達したい」

という想いから、ちょくちょくビリヤードの練習を始めましたが、やはり、

ヒトと対戦する機会がない!!

ビリヤード友達がいませんし、学生の時はいましたが今は赤の他人ぐらいに疎遠になってしまい、とてもじゃないですが「一緒にビリヤードしようぜ」とは言えません。

ビリヤードを練習するときは毎回「1人」で修行していました。

 

そんな中、前回、ビリヤードのレッスンをバグースで受講した時

ビギナーでも参加できるトーナメントがある

と教えてもらったので、バグース主催の「ビギナー C クラス限定トーナメント」に参加してきました。

「とりあえずトーナメントに出ればヒトと対戦できるはず・・・・!」

今日は大会の内容と体験談を忘れないうちに書いておきます。

 

トーナメント概要

参加資格があるのは

ビギナーと C クラスのプレイヤー

です。

 

「Cクラスのプレイヤー」とは「マスワリを達成していないプレイヤー」を指すようです

 

参加料は1,500円で、場所はバグースの新宿店

朝の9時半集合で、10時から説明スタート。

10時半から試合が始まりましたね。

試合に時間がかかるので、勝ち上がると1日がかりになると思います。

 

試合形式

トーナメントは、

  • 予選
  • 決勝トーナメント

という2部構成。

予選はリーグ戦の総当たり、その後のトーナメントは勝ち抜けになるようでした。

リーグ戦は3~4人総当たりでゲームを行い、上位2名がトーナメントに進めるワールドカップのような形式。

初戦で負けても、最低2~3人と対戦できるので、参加料1,500円はお得ですね。

 

どのゲームで勝負するのか?

プレイするゲームは、スーパースピード9ボール

球を6~9に減らした「ナインボール」のことで、6から順番に落としていくゲームです。

3ゲーム先取した方が勝ちと判定されます。

4人ではなく3人のグループは、スピード9ボール(4〜9までのゲーム)で、ゲーム時間が長くなるように配慮してくれているのですね。

 

 

バグースの「ビギナー C クラス限定トーナメント」の体験談

体験談も書いておきます。

 

9時半集合

朝9時半集合で、早い時間にバグース新宿店にプレイヤー達が集まってきました。

僕の想像では、マイキューを持っていない素人ばかりの大会と思っていましたが、

会場はすごい熱気!

当然のようにマイキューケースを背負い、真剣な面持ちで球をついているではありませんか。

会場入りするだけビリヤードへの情熱がビンビン伝わってきます。

そのプレイヤーたちの熱気に圧倒されながらも、まずは受付。

参加料の1500円を払って準備完了です。

 

ウォーミングアップ

支払いが終わると 、 グループに1台ずつ貸し出してもらえます。

僕のように1人でも安心で、1人1台貸してくれますよ。

何を練習したらいいかわからなかったので、とりあえずバンキングの練習をしておきました笑

 

10時から説明がスタート

30分ぐらいウォーミングアップした後、説明が始まりました。

ここではゲームルールの説明。

後は際どいジャッジが必要になるケースなどを説明してくれました。

初めてトーナメントに出る方も安心ですね。

 

10時半からゲームスタート

説明が終わったら、いよいよリーグ戦。

「自分の名前」と「対戦相手の名前」が呼ばれますので、先に名前を呼ばれた方が受付までスコアカードを取りにいきます。

この対戦カードに対戦成績をつけていくのです。

僕は3人のプレイヤーと戦いました。

 

30代に見える女性

初戦は優しそうな30代に見える女性でした。

マイキューを保持していて、グローブもつけていて、ビリヤード熟練感が出ていてビビりました。

バンキングのやり方がわからなかったので、彼女に教えてもらいながらゲームスタート。

 

バンキングでは「的球」を打つとは知りませんでした。

2人で同時に的球をうち、いざ、バンキング。

彼女の方がバンクに近かったので、彼女がブレイクすることに。

これが人生で初めて、友達以外とビリヤード打つ機会だったので、一打一打で気が抜けず、本当に疲れた試合でした。

彼女も緊張していた様子でミスが目立ち、僕の Lucky SHOT も重なり3対1で勝利!!

あれ、いけるんじゃないか?!

 

30代に見える男性

次のプレイヤーも マイキューを持っていてグローブをつけていました。

この方は、バンキング時から自分とはレベルが違うことを感じていて、実際にプレイしてみたところ本当に強くてボロボロ。

3対0で完敗でした。

試合後に聞いてみると、ビリヤードを初めて1年半で週3はキューを握るようにしているとのこと。

マスワリはまだ達成していませんが、あと一歩までいったほどの実力らしいです。

彼自身もトーナメントに出るのは初めてだったので緊張していたようですが、それにしても強い!

 

20代に見える 男性

最終戦は自分と同じぐらいの年齢と思われる男性と勝負(マイグローブ、マイキューは不所持)。

2勝すればトーナメント進出できそうだったので、ここで勝てば決勝トーナメントに行けると信じていました。

実力は同じぐらいでしたが、お互いにミスが目立ち、そのミスを上手くせめられました!

1対3の惨敗・・・!

結果的に僕のリーグでは、最強の30代の男性を除けば、1勝2敗で3つ巴になり、最後に対戦した20代の男性が決勝トーナメントに進出しました。

まぐれといえども、トーナメント進出の可能性もあったので悔しかったですね。

これがキューを握るものの宿命なのでしょう・・・・!

く・・・・・!

 

人生で初めてビリヤードのトーナメントに出場してみた感想

ついでに感想も書いておきましょう。

 

見知らぬ人といきなりビリヤード対戦するのは新しい経験でした。

オンライン対戦できてしまうダーツにはない魅力、というか、煩わしさ、というか、うん、これがビリヤード。

本当に初めて会う相手なので、マナー的にちゃんとしなければならず、気をつかいましたね。

あと一試合あたりの時間も長く、3ラック先取なのでゲームが長期化し、集中力が必要でした。

 

また、対戦後に相手と少し話して、

  • どれくらいビリヤードやっていますか?
  • 練習方法は何ですか?
  • どこらへんでうってるんですか?

とか、ビリヤードトークを話せるのも良いと思いました。

対戦後に話してそれっきりですが、同じ趣味のプレイヤーたちと言葉を交わせるのはいいですね。

 

本当に一試合ずつむちゃくちゃ疲れて、バグースのトーナメントはボリューム満点。

最初はリーグ戦なので、最低3人と対戦せねばならず、想像以上に時間がかかりました。

午前中から始まりまり、僕は予選リーグ敗退でしたが、リーグ終了まで4時間かかって時刻は13時を過ぎていました。

 

トーナメントまで勝ち上がると、夕方ぐらいまでゲームをすることになるので、朝ごはんをしっかり食べて現地入りしましょう。

機会があったらまた出てみたいと思います。

 

それでは!

Ken


ABOUTこの記事をかいた人

Ken

asolabの編集・執筆担当。静かにダーツ・ビリヤードの修行中。 2019年の目標は南極に行くこと。LINEでダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます! Add friend

コメントを残す