上達につながる!ビリヤードの本・書籍おすすめ4選




ビリヤードの本・書籍を読んでみた!

どうも、Kenです。臀筋、です。

 

ビリヤードの腕を上達させるために色々な手段があると思います。

「ビリヤードレッスンを受ける??」

「ビリヤードのトーナメントに出場して切磋琢磨する??」

その中の1つに、

ビリヤードの本・書籍を読みまくって知識をつける

というのもあると思いますね。

僕は個人的に体で覚えていくのと同時に、頭でもしっくり理解したいので、ビリヤードの上達を目指してレッスンを受けたり練習したりするのと並行して、本屋書籍を読み漁ってみました。

今日は僕が読んだビリヤードの関連書籍・本を忘れないうちにまとめておきます。

 

ビリヤードの本・書籍おすすめ4選

ぼくは次のビリヤードの本・書籍を読んでみました。

 

本1. HOW TO ビリヤー道!

この本では漫画漫画のストーリーを追いながら、ビリヤードの How to を入門レベルから初級レベルまで学ぶことができます。

ストーリーは、ビリヤードのプロの女性(サディスト)がいて、そのプロにちょっと調子のいい軽い男がビリヤードのレッスンを受ける、という話になっています。

漫画形式になっているので、イラストでビリヤードのフォーム、さらにキューが球をつく様子など描いてくれていますので理解しやすかったですね。

 

また、各キャラクターたちのキャラ立ちも適切で、漫画として読んでいるだけで面白かったので、ビリヤードの知識を入れたい方はこの書籍から始めてみるのもいいかもしれません。

一番参考になったのが、インパクトの瞬間の厚みの話。

キューで手球を打つ時に、キューで手球の重さを感じるように打ってみると、インパクトゾーンが広くなり、手球をうまく捉えることができると書いてありました。

これを実践してみたところ、これまで課題だったフォロースルーを意識できるようになり、しっかりと手球をつけるようになりました。

 

本2. ビリヤード・ハナブサへようこそ

これはビリヤードのお店を舞台にした推理小説になります。

ぶっちゃけ推理小説なので、ビリヤードのことはあまり関係ないのですが、じつは、一つの事件を解決するヒントとなるのがビリヤード用語となっていて、事件を主人公が解決するごとにビリヤードを勉強できるようになっています。

例えばこの小説では、

  • バンキング
  • スクラッチ
  • テケテケ
  • マスワリ

という4つのビリヤード特有の専門用語が出てきて、その専門用語を思い浮かべた主人公が、殺人事件の緒の解決糸口をひらめいていきます。

リヤードが好きな登場人物たちはそれぞれ味を持っていて、この小説を読むとビリヤードの愛好者たちの雰囲気や情熱というものも感じることができます。

kindle unlimitedに登録すれば無料で読むことができます

 

本3. ビリヤードを100倍楽しむ方法

ビリヤードの専門雑誌「CUE’S」が監修しているビリヤードの本になります。

このビリヤードの解説本は、ビリヤードの歴史、フォーム、手球のだし方などでまんべんなく触れてくれていて、日上位読み応えがありました。

中でも参考になったのがビリヤードの世界情勢ですね。

本場のアメリカはもちろんのこと、アジアで盛り上がりを見せているようで、特に台湾ではビリヤードが必修科目になるほど人気を博しているようです。

また、語り口調にビリヤードに対するパッションがにじみ出てるのもいいですね。読んでいるだけ熱くなります。

 

本4. 楽しみながら上手くなるビリヤード・ドリル

一人でビリヤード練習する時に、どんな練習をしたらいいのかということが分からないと思います。

特に僕のような初心者だと、一人でビリヤードの店に入ってしまうとただ寂しいだけで終わってしまいます。

そんな時にこの本があれば安心。

合計で119個の練習問題が収録されていて、一つ一つをこなしていくことでどんどんレベルを上げてビリヤードを上手くなることができます。

まだぼくは12個目ぐらいですが、ビリヤードの練習に行くときはこの本を参考にして練習するようにしています。

一人でビリヤードの練習をすることが多い方が良かったら読んでみてください。


コメントを残す