1投1投に動じない!オンライン対戦で使えるダーツのメンタルの保ち方




ダーツの対戦で不調で焦ってしまう・・・!

どうも、Kenです。カツオ、削りました。

 

ダーツのオンライン対戦ってムチャクチャ楽しいですよね。

一人でダーツの修行をしているより100倍幸せで、このオンライン対戦があるからこそダーツの練習も頑張ろうと思えます。

しかしながら、ダーツの対戦中に自分が不調だと焦ってしまうこともあると思います。

「あれ、なかなかブルに入らないな」

「おいおい、また相手がロートン出しやがった、やべえよ」

などなど、自分の不調や相手の好調に一喜一憂し、対戦中にメンタルがやられてしまう時もあるでしょう。

そんな時におすすめなのが、

ナイスダーツの出現確率は試行回数を増やしていくと収束していく

と考えることです。

 

 

ナイスダーツの出現確率は回数を増やせば収束していくはず

例えば、ダーツプレイヤーの A さんがいたとしましょう。

この方は60%の確率でブルに入れることができるんですけれども、3ラウンド投げて1回もブルに入らず焦っているとします。

しかも、対戦相手は絶好調でロートンばかり。

 

ここでメンタルがやられてしまうと、集中力がなくなり、余計にダーツのパフォーマンスが下がってしまいます。

そういう時は、

ダーツは投げれば投げるほど、その人が持つナイスダーツの出現確率に収束していく

と考えるのです。

例えば、3ラウンドを経て、3回とも40%のブルに入らない確率をひいてしまった A さん。

しかし、さらにラウンドを重ねていけば、本来持っている60%の確率でブルに入る確率に収束していきます。

もし、不調でも平常心でプレーを続けていれば、自然とブルに入る機会が出てくるはずです。

 

このようにダーツのパフォーマンスをただの確率と捉えることで、一つ一つのプレーに一喜一憂せず、たまたま試行回数が少なかったので不調に見えているだけと思うようになります。

投げれば投げるほどその本来プレイヤーが持っている確率に近づいてくるのです。

このように考えれば、ダーツの1投1投の結果に動じなくなり、平常心を保ったままダーツをスローできるはずです。

 

これはコイントスと同じ。

例えば、100円玉を投げたとして、3回投げて連続で裏が出たとしても、投げ方が下手で裏が出やすくなっているんじゃなくて、たまたま50%の確率で裏が3回出ただけ。

試行回数を重ねれば重ねるほど、その確率は表と裏は50%ずつに近づいていくはずです。

このように、一つ一つの結果にフォーカスするのではなく、全体を通した成功確率に目を向けていけば、ダーツでメンタルがやられずに、ダーツの試合を続けることができて勝利をおさめることができると思います。

「練習ではブルに入るけど本番ではなかなか思うように力が発揮できない・・・」

という方はこの考え方を試してみてくださいね。

 

それでは!

Ken


コメントを残す