ダーツフォームのテイクバックは浅くて短いほうがいいんじゃないか説




ダーツフォームのテイクバック、どうしてる?

どうも、Kenです。湯沸かし器、発動しました。

 

先日、ダーツの修行を積んでいたところ、あることに気がつきました。

それは、

テイクバックって「浅くて短い」ほうがいいんじゃないか??

ということです。

ダーツ テイクバック 浅い 短い

今までセオリー通り、ダーツのフォームは

  1. 構え(セットアップ)
  2. テイクバック
  3. リリース
  4. フォロースルー

という4動作を取り入れていました。

 

テイクバックとは、ダーツを投げる動作のうちの

ダーツを手前に引き寄せる動作のこと。

 

ダーツ テイクバック 浅い 短い

 

テイクバックすることで、ダーツに勢いが出るので、ボードに届きやすくなるメリットがあります。

 

僕自身、これまでテイクバックを深めにとって、ダーツの軌道が直線的に強く飛んでいくようなフォームでした。

しかしながら、テイクバックをしっかり引くのは疲れたので、

「ちょっとテイクバック短くしてみるか」

と、試しに投げてみたところ、

いきなり覚醒。

突如ブルに入る入る!

 

この経験から、

もしかして、テイクバックは浅い方がいいんじゃないか?

と思うようになったのです。

 

 

ダーツフォームのテイクバックが浅いメリット

気づいてしまったテイクバックが浅いメリットは次の3つ。

 

リリースポイントがぶれにくい

まずテイクバックを浅くすると、

リリースポイントがぶれにくいというメリットがあると思います。

テイクバックからリリースまでの時間は、

テイクバックからフォロースルーまでの間

になりますよね?

テイクバックが深いと、その「リリースする可能性がある時間」が長くなるので、リリースポイントの自由度が大きくなります。

結果的に、リリースポイントを「特定の範囲」に収めるのが難しくて鍛錬が必要になってきます。

 

一方、テイクバックを浅くすればこの問題を解決。

テイクバックからリリースまでの時間間隔が狭くなるので、リリースポイントを一定にしやすいのです。

リリースポイントはダーツが上に飛んでいくか、下に刺さるかを決定づける要素なので、リリースポイントのぶれは「上下ぶれ」に繋がります。

ということで、テイクバックを浅くしてリリースポイントをぶれにくくすると、上下ブレが少なくなるでしょう。

 

横ブレ防止にもなる

さらに、テイクバック浅くすると、横ブレの防止にもなります。

テイクバックを深くとると、テイクバックからリリースまで動かす腕の距離が長くなります。

腕を動かす距離が長くなると、腕が動く時間も増えますので、腕がぶれる可能性が高くなってしまいます。

 

長い距離をまっすぐ投げ切るのは至難の技。

その間に手ぶれ、肘ぶれ、体幹ブレなどが生じて、テイクバックからリリースまでの間に微小な揺れが生じて「横ブレ」が発生します。

 

しかしながら、テイクバックを短くすればどうでしょう?

テイクバックからリリースまで距離が短くなるので、横ブレ発生のチャンスを少なくできます。

つまり、ここまでのポイントをまとめると、

テイクバックは浅いほど「縦ブレ」と「横ブレ」を防止できるのです。

 

体力を温存できる

さらにテイクバック浅くすると、体力の温存にもなります。

テイクバックを深くとると、上腕二頭筋を使ってダーツを引き込むので、腕の筋肉が疲れます。

さらに、その引き込んだダーツをぐいっと前方まで押し返さなければならないので、さらに労力がかかります。

 

そこで、テイクバックは短くすれば「筋肉パワー消費量」も減らせますので、

長時間ダーツを投げても疲れません。

トーナメント戦などで1日数回ゲームをこなさないといけない時に活躍するメリットですね。

 

 

しばらく「浅いテイクバック」で勝負してみようと思う

考えるほど、テイクバックは短い方が有利なんじゃないかと思ってきます。

もしかしたら究極のダーツフォームは、

テイクバックがないフォーム

なのかもしれませんね。

 

実はこれに近いフォームをしているダーツのプロ選手がいます。

それは、アメリカのファンデュールセン(Randall Van Deursen)

以前 YouTube で「面白いダーツフォームの選手がいる」という動画を見た時に出会った選手でした。


最初見たときは

「面白いなあ、すごいなあ」

という感想しかなかったのですが、今は「テイクバック浅めフォームのメリット」に気づいたので、もしかしたら

「ダーツを投げ続けた結果、ほぼテイクバックなしのフォームに行き着いたのかもしれない」

と思うようになりました。

僕もしばらくこの選手のように、

テイクバックをなるべく取らない効率的なフォーム

で練習したいと思います。

 

それでは!

Ken


コメントを残す