終盤のアレンジで大活躍!ゼロワンでバーストしないコツ




ダーツのゼロワンでバーストだけは避けたい

ダーツのゲームに「ゼロワン」がありますね?

ボードに当たった数字を引いていき、ちょうど元の数字ぴったりになった人が勝者になるゲームです。

この「ゼロワン」で避けたいのが、

バースト

という失態。

 

バーストとは、

元の数がゼロになるのではなく、0を超えてしまってマイナスになってしまったケース

のことをいいます。

例えば、残り「17」なのに「18」に当てると、0を超えて「-1」になるのでバースト。

この時点でラウンドが終了し、次のラウンドで再び残り17から挑戦することになるのです。

 

バーストの効果音を聞くと、

やっちまった感

が出ちゃいますね。

できればぴったり上がってカッコつけたいところです。

 

今日は数えきれないぐらいゼロワンを繰り返してきた僕が、

ゼロワンでバーストしないコツ

を書いてみました。

 

 

ダーツのゼロワンでバーストしないコツ

ゼロワンでバーストしないコツは、

バーストしやすい数字を残さない

ことです。

具体的にいうと、

1〜9

ですね。

 

 

なぜなら、これらの数字は「自分よりも大きい数字」に挟まれているからです。

ちょっとずれて隣に当たれば即バースト。

逆に、10から上の数字なら、隣が自分よりも大きな数字ではないので、外してもバーストは避けられます。

そして、もう一度上がるチャンスが与えられます。

10の場合、下が15なので両隣が安全ではありませんが

 

できれば「1〜9」までの小さい数字(ドハマリナンバー)は残せない方が良いに決まっています。

 

それではドハマリを避けるためにどうすればいいのでしょう??

ズバリ、

なるべく高い数字での上がりを狙う

ということです。

具体的にいうと、

ブルやトリプル、ダブルで上がることを目標にしましょう。

例えば、

  • 60
  • 57
  • 54
  • 51
  • 50
  • 48
  • 45

などです。

ブル・トリプルのビックナンバーが残るようにわざと調整するといいですよ。

 

例えば、

53

が残り数字だとしましょう。

この場合、何も考えずにブルを狙うのではなく、まず「3」を狙って「53」を「50ピッタリ」になるように調整。

 

 

もし、3に当たったら、残りは50。

次のスローで、集中力を発揮してブルを狙えばいいのです。

ここでブルに当たると、その時点で上がり。

 

そして、ブルに当たなくても大丈夫。

また、ビックナンバーで上がれるように微調整すればいいのです。

 

 

ダーツは練習あるのみ

このように、絶えずビックナンバーで上がるように調整するようにしていけば、バーストする確率は減ります。

そして、

少ないスロー数で上がれる可能性を秘めています。

ぜひゼロワン終盤はバーストしないコツを実践してみてくださいね。

 

ただこれらのコツを実践するためには、

ブル、トリプル、ダブルに入れる力

が必要になってきます。

やはりダーツは練習あるのみですね。

 

それでは!

Ken


ABOUTこの記事をかいた人

Ken

asolabの編集・執筆担当。静かにダーツ・ビリヤードの修行中。 2019年の目標は南極に行くこと。LINEでダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます! Add friend

コメントを残す