初心者にこそマイダーツ購入をおすすめする3つの理由




マイダーツって買ったほうがいいの??

ダーツに興味を持ち始めた初心者の方は

「マイダーツを買おうかな、どうしよう」

とマイダーツの購入を検討し始めたけど、1歩を踏み出せない方が多くいると思います。

そんな方におすすめなのが、ズバリ、

とりあえずマイダーツを購入しちゃう

という選択肢ですね。

 

僕自身、ハウスダーツで練習していた時から、ドンキの安いマイダーツで粘っていた時代、さらに、ダーツショップ(TiTO)に行ってちゃんとしてマイダーツを購入する、という段階は踏んで、マイダーツデビューをしてきた身です。

初心者の方が「マイダーツ購入」を迷っている気持ちは十分わかります。

そこで、今日は満を辞して、マイダーツデビューの段階を踏んできた僕が、

なぜマイダーツを初心者でも買うことをオススメするのか?

を書いてみました。

 

 

初心者にこそマイダーツ購入をおすすめする3つの理由

初心者にもマイダーツをおすすめするのは次の3つの理由です。

 

マイダーツとハウスダーツは全く別物である

まず伝えておきたいのが、

マイダーツとハウスダーツは全く別のダーツである

ということ。

お店で使えるハウスダーツの延長線上にマイダーツがあるのではなく、全く別の代物である、と思っておいた方がいいでしょう。

一番顕著なのがその

重さ

ですね。

 

ハウスダーツはむちゃくちゃ軽くて簡単に投げられますが、軽すぎて「投げ応え」がありません。

一方、マイダーツは重さがある程度あるので、投げている感覚があり、ボードにも刺さりやすくなります。

コンドルのフライト

初めてダーツをマイダーツを投げた時は、あまりにもその重さの違いに驚きを隠せず、

「うっわ、マイダーツって重いんやな・・・しっかりささるやん・・・」

と一人呟いてしまった記憶が新しいです。

 

このハウスダーツとマイダーツの違いはポケモンの世界で考えるとわかりやすいです。

ポケモンで言ってしまうと、

ハウスダーツとマイダーツは全く違う種類のモンスター。

ハウスダーツが進化してマイダーツになるのなるのではなく、元々別のポケモンなので、スタート地点から違うと思っておいた方がいいでしょう。

 

試しに、自分のマイダーツとAmazonで販売されているハウスダーツの重さを比べてみました。

僕のマイダーツのバレル「TRiNiDAD X【BRELAND】」はタングステンという素材でできてて、

マイダーツ1つの重さは19.06g。

一方、Amazonで見つけたこちらのハウスダーツは14.03 gでバレルは「ブラス素材」のようでした。

やはりマイダーツはハウスダーツよりも重かった。質量にすると5gの違いですが、20g中の5gといえば25%なので、25%も重さが違うと思えばその違いの大きさに気づくと思います。

 

ダーツの質を一定に保てる

ハウスダーツだと店によってダーツが違うので、

いつも同じクオリティーのダーツで投げられないのが残念ですよね。

 

僕自身、数々のお店でハウスダーツを握ってきましたが、

  • フライトがボロボロのダーツ
  • ティップが曲がっているダーツ
  • なぜかボードに刺さらないハウスダーツ

とか、もう、多種多様です。

EST 渋谷東口会館 ダーツ

しかしながら、マイダーツを持てばどこに言っても同じダーツで投げられるので、良いスローの感覚を身体に覚えさせやすく上達も早いです。

お店に影響されずにダーツの修行が可能になります。

 

自分にあったらマイダーツを選べる

マイダーツを持つと、

細かいパーツを自分流にカスタマイズできるようになります。

マイダーツは、

  • フライト
  • バレル
  • シャフト
  • ティップ

のそれぞれの細かい部分のパーツごとに売られているので、組み合わせはぶっちゃけ無限大。

ただ、その無数の選択肢がゆえに、ダーツ初心者は

「えっ、でも逆に何を買ったらいいかわからない・・・」

と思うかもしれないので、初心者は何も考えずダーツショップにいってしまうのが一番無難。

ダーツ店に行けば試し投げした上で、知識のあるスタッフと一緒に相談しながらマイダーツを決められます。

しかも、予算を最初に伝えられるので想像以上に高くなって破産する事態も防げます。

初心者でも全く問題ありませんね。

 

あと、マイダーツで嬉しいのが

ダーツ上級者のアドバイスをマイダーツに反映できる

という点。

僕自身、ダーツレッスンを受けた時に、

「投げ方的に短いシャフトの方がいい」

と師匠からアドバイスをいただき、その通りにしてみたところ、確かにシャフトが短いとダーツがコンパクトになり、僕的に投げやすくなりました。

例えるなら、小さいボールのようにダーツを投げられるようになって、僕自身のスタイルにもぴったりと合っていると感じました。

マイダーツなら、このような上級者、師匠からのアドバイスを反映させやすいですよ。

 

 

マイダーツ購入のデメリットも触れておこう

しかしながら、マイダーツにもデメリットがあります。

 

最初は恥ずかしい

初心者ばかりのグループでダーツを遊んでいると、

マイダーツを出すのは若干勇気がいりますよね。

1人だけマイダーツだと、

「えっ、お前・・・・」

と思われるのは必須です。まぁそのうちなれるでしょうけどね。

 

マイダーツを忘れると痛い

しかしながら、マイダーツを投げるためには、

ダーツ店に行った時に必ずマイダーツを持っていなければなりません。

マイダーツを忘れてしまうと、マイダーツ以外で投げるのが嫌になるので、マイダーツで投げられないダーツはしたくなくなってしまいます。

したがって、ダーツを投げる可能性が1%でもある時は、カバンにダーツケースを忍ばせておくことをおすすめします。

ダーツケース torinidad toy long

 

ちょっと高い

あとはマイダーツがちょっと高いことですね。

めちゃくちゃ安いマイダーツも存在していますが、ちゃんとしたマイダーツを購入すると高くなってしまいます。

僕自身、ちゃんとしたマイダーツを購入した時は、

9,800円ほど

かかりましたね。

TiTO新宿 ダーツショップ 新宿

 

ダーツ初心者にはハードルが高いかもしれませんが、これはあくまでも初期投資。

そんなにマイダーツは頻繁に購入することがなく、消耗品で頻繁に変えるのは

  1. フライト
  2. ティップ

の2パーツ。

一番高価なバレルは長く使えるのでご安心を。

 

僕自身、2年間同じバレルでダーツを投げ続けていますが、全く問題ないですね。

購入価格の面でマイダーツ購入に踏み切れない方は、

「こ、これは初期投資だ・・・」

と念じてマイダーツを購入してみましょう。

 

という感じで、マイダーツは初心者でもオススメというか、むしろ、

初心者こそマイダーツデビューしてダーツの世界に入ってしまうのがいいかもしれません。

もちろん、マイダーツ購入にもデメリットもありますが、ぶっちゃけ、

マイダーツでダーツ投げてから新しいダーツライフが始まります。

迷っている方はマイダーツデビューの一歩を踏み出してみましょう。

 

それでは!

Ken


コメントを残す